牛込外科胃腸科

新宿区の外科,胃腸科,整形外科,内科,皮膚科 牛込外科胃腸科

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4丁目10番12号
TEL 03-3361-0301
 
English available

 

よくある質問

Q.駐車場はありますか?

A.近くにコインパーキングがございます。
ただ満車になってしまうことが多いため、電車・徒歩などによるご来院をおすすめいたします。

Q.予約はどのようにすればいいですか?

A.インターネットやお電話での初診の予約は基本的に行っておりません。医院での診察時に次回の来院日程を決めることになっています。

Q.胃潰瘍や胃炎のような胃の問題を自宅で和らげる方法はありますか?

A.いくつかの自宅でのケア方法があります。食事に気を付け、刺激物や酸性食品を制限し、規則的な食事を摂ることが大切です。
また、ストレス管理も重要です。しかし、症状が悪化する場合や長期間続く場合は、専門的な評価が必要です。

Q.大腸内視鏡検査(コロノスコピー)はどのような頻度で受けるべきですか?

A.大腸内視鏡検査の頻度は、年齢やリスクファクターに基づいて異なります。通常、50歳から始め、その後は5〜10年ごとに受けることが推奨されます。
ただし、家族に大腸がんの患者がいる場合や他のリスクがある場合は、医師の指示に従うことが重要です。定期的なスクリーニングは早期発見と治療のために非常に有益です。

Q.胃痛や胃の不快感はいつ専門医に相談すべきですか?

A.胃痛や不快感が持続する場合、特に以下の症状がある場合は、早めに専門医に相談することをお勧めします。

  • 血便や黒い便の排泄
  • 食欲不振や体重減少
  • 嘔吐、高熱、強い胸や腹部の痛み
  • 食道や胃の潰瘍を疑う症状

Q.胃の炎症や潰瘍の予防にはどのような食事療法が効果的ですか?

A.胃の炎症や潰瘍を予防するためには、以下の食事療法が役立つことがあります。

  • 酸性食品、辛い食べ物、アルコールなどを制限して胃への刺激を減らす
  • 1回の食事で食べすぎない
  • 嘔吐、高熱、強い胸や腹部の痛み
  • 健康をサポートするために乳酸菌を含む食品やサプリメントを摂取